Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東邦ガスら、ネット接続可能なガス機器を開発 - セキュリティを実証試験

東邦ガス、リンナイ、東芝三菱電機産業システムの3社は、インターネットに接続できるガス機器を開発、通信システムの信頼性やセキュリティを評価する実証試験を開始した。

同システムは、ガス機器に取り付ける接続装置とホームサーバで構成され、ブロード回線などに接続することで、将来的にはホームオートメーションを実現するという。燃料電池システムや給湯機器等の故障診断、家庭内の各機器を連携させた省エネルギー制御を目指すという。

実証試験では、耐久性や、ネットワーク接続によるセキュリティの信頼性、実際の利便性などが評価される。試験期間は1年を予定している。

(Security NEXT - 2004/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
職場PCを紛失、虚偽説明した職員を処分 - 香川県
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県