Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院

京都府立医科大学付属病院は、患者情報が保存されたノートパソコンが盗難被害に遭ったことを明らかにした。

同院によれば12月6日17時ごろに同院医師の鞄が盗難被害に遭ったもの。鞄にはノートパソコン1台とUSBメモリ2個が入っており、ノートパソコンには患者95人分の患者情報が保存されていた。

保存されていた個人情報はIDと病歴などで、氏名や住所、生年月日などは含まれておらず、ノートパソコンには顔認証とパスワードを設定していたという。USBメモリにパスワードは設定されていないが、個人情報などは含まれていなかったとしている。

同医師が院内を捜索したが見つからず、同月7日院内の紛失物窓口へ届け出たところ、防犯カメラにより自転車による出勤後、駐輪場で盗難被害に遭ったことが翌8日に判明した。

同院では、翌9日に警察へ盗難届を提出するとともに、対象となる患者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市