Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

札幌市交通局公式Twitterに不正アクセス - 外部サイトURLなど投稿

札幌市交通局は、公式Twitterが不正アクセスを受け、何者かによって意図しない不正な投稿が行われたことを明らかにした。

同局によれば、12月10日4時過ぎごろ、不正アクセスを受けて同局とは無関係のツイートが不正に投稿されたもの。ツイートは、特定ゲームへの参加を呼びかける内容でURLが掲載されていた。

問題のツイートは、同日9時ごろ職員が確認したところ、すでに削除されていた。記載されたURLにアクセスした場合、マルウェアに感染した可能性もあるとして、同局では心当たりがある人へマルウェアに感染していないかチェックするよう求めている。

同局では原因については調査を進めるとともに、ログインパスワードを変更。今後は定期的な変更を徹底するなどの対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2020/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
コンタクト専門店のTwitterアカウントが乗っ取り被害
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に