Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

札幌市交通局公式Twitterに不正アクセス - 外部サイトURLなど投稿

札幌市交通局は、公式Twitterが不正アクセスを受け、何者かによって意図しない不正な投稿が行われたことを明らかにした。

同局によれば、12月10日4時過ぎごろ、不正アクセスを受けて同局とは無関係のツイートが不正に投稿されたもの。ツイートは、特定ゲームへの参加を呼びかける内容でURLが掲載されていた。

問題のツイートは、同日9時ごろ職員が確認したところ、すでに削除されていた。記載されたURLにアクセスした場合、マルウェアに感染した可能性もあるとして、同局では心当たりがある人へマルウェアに感染していないかチェックするよう求めている。

同局では原因については調査を進めるとともに、ログインパスワードを変更。今後は定期的な変更を徹底するなどの対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2020/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
不正なアクセスを検知、詳細は調査中 - ALSOK介護
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用