Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性58件に対処

マイクロソフトは、2020年最後の月例セキュリティ更新をリリースした。CVEベースで58件の脆弱性に対処している。

今回修正された脆弱性の同社による深刻度を見ると、「緊急」とされる脆弱性が9件。「重要」が47件、「警告」が2件だった。

「Windows」「Microsoft Edge」をはじめ、「ChakraCore」「Office」「Microsoft Dynamics」「Microsoft Exchange Server」「Visual Studio」「Windows Codecs Library」「Azure DevOps」「Azure SDK」「Azure Sphere」の脆弱性を解消している。

「緊急」とされる脆弱性を見ると、「Microsoft Exchange」においてリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2020-17117」「CVE-2020-17132」「CVE-2020-17142」に対処。

さらに「SharePoint」に関する「CVE-2020-17118」「CVE-2020-17121」や「Chakraスクリプトエンジン」の「CVE-2020-17131」、「Hyper-V」における「CVE-2020-17095」、「Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations」の「CVE-2020-17152」「CVE-2020-17158」に対応している。

(Security NEXT - 2020/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み