Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

運用監視サービスに不正アクセス、顧客情報流出は確認されず - 日立システムズ

日立システムズは、同社が提供する運用監視サービスが不正アクセスを受けたことを明らかにした。顧客情報が流出した痕跡などは見つかっていないという。

同社によれば、同社データセンターと顧客システムをVPNで接続し、顧客に代わってシステムを運用監視するIT運用監視サービスが不正アクセスを受けたもの。10月8日に不正アクセスを受けていることを把握した。

同社では、セキュリティ対策を講じた上でログなどを調査したが、12月4日の時点で顧客情報が流出した痕跡は確認されていないという。不正アクセスに気がついた経緯や原因に関しては、「非公表としている(同社広報)」としており、回答を得られなかった。

今回の問題を受けて同社は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)や経済産業省、情報処理推進機構、JPCERTコーディネーションセンターなどへ報告した。

サービスが停止するといった影響は出ておらず、今後は顧客の業務に与える影響を抑えつつ、セキュリティ対策の強化を図っていきたいとしている。

(Security NEXT - 2020/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドッグウェアの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
共用計算環境基盤「HPCI」のユーザー管理サーバに不正アクセス - 東大
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ