Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

運用監視サービスに不正アクセス、顧客情報流出は確認されず - 日立システムズ

日立システムズは、同社が提供する運用監視サービスが不正アクセスを受けたことを明らかにした。顧客情報が流出した痕跡などは見つかっていないという。

同社によれば、同社データセンターと顧客システムをVPNで接続し、顧客に代わってシステムを運用監視するIT運用監視サービスが不正アクセスを受けたもの。10月8日に不正アクセスを受けていることを把握した。

同社では、セキュリティ対策を講じた上でログなどを調査したが、12月4日の時点で顧客情報が流出した痕跡は確認されていないという。不正アクセスに気がついた経緯や原因に関しては、「非公表としている(同社広報)」としており、回答を得られなかった。

今回の問題を受けて同社は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)や経済産業省、情報処理推進機構、JPCERTコーディネーションセンターなどへ報告した。

サービスが停止するといった影響は出ておらず、今後は顧客の業務に与える影響を抑えつつ、セキュリティ対策の強化を図っていきたいとしている。

(Security NEXT - 2020/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か