Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

兼松エレとデル、統合ログ管理ソリューションを提供開始

兼松エレクトロニクスとデルは、共同で統合ログ管理ソリューションを提供開始した。

同製品は、兼松エレが取り扱う米LogLogicのログ管理ソリューション「LXファミリー」「ST2010」「MX2010」とデルのiSCSIに対応した仮想化ストレージ「Dell EqualLogic」を組み合わせたソリューションパッケージ。

ネットワーク機器のログを収集、分析することが可能で、不正行為の検知、レポートの作成など実現し、コンプライアンス準拠や内部統制、情報セキュリティ対策を支援する。

今後両社は、同ソリューションの拡販やサポートの提供を共同で展開するほか、セミナーの開催などマーケティング活動で協力していく。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル