Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明

今回明らかとなった問題は、2019年11月にIntelへ報告しており、Intelでは11月10日に公開したアップデートで対応。

Linux向けのドライバや、SGX有効時に消費電力の微妙な違いを取得できないようレポート方法を変更するマイクロコードについて提供を開始し、「CVE-2020-8694」「CVE-2020-8695」に対処した。

研究チームは、特権を持つ攻撃者から保護するためにも、「OS」および「BIOS」において最新のアップデートを適用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper