Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県発注工事現場で事務所荒らし、個人情報入りPCが盗難 - 佐賀県

佐賀県は、同県が発注している工事の現場事務所が10月31日から翌11月1日にかけて事務所荒らしに遭い、個人情報を含むパソコンが盗まれたことを明らかにした。

同県によれば、県営クリーク防災保全機能対策工事を受注した福岡建設の現場事務所の窓ガラスが割られ、何者かが侵入。ノートパソコン2台とモニター1台が持ち去られたという。

被害に遭ったノートパソコンには、工事に必要な農地の借地契約書の写し36件が保存されていた。借地契約書には、契約者の氏名、住所、契約金額、借地地番などが含まれる。

11月1日朝に事務所に出勤したところ、被害が判明した。対象となる借地契約者には、受注者などが訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター