Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県発注工事現場で事務所荒らし、個人情報入りPCが盗難 - 佐賀県

佐賀県は、同県が発注している工事の現場事務所が10月31日から翌11月1日にかけて事務所荒らしに遭い、個人情報を含むパソコンが盗まれたことを明らかにした。

同県によれば、県営クリーク防災保全機能対策工事を受注した福岡建設の現場事務所の窓ガラスが割られ、何者かが侵入。ノートパソコン2台とモニター1台が持ち去られたという。

被害に遭ったノートパソコンには、工事に必要な農地の借地契約書の写し36件が保存されていた。借地契約書には、契約者の氏名、住所、契約金額、借地地番などが含まれる。

11月1日朝に事務所に出勤したところ、被害が判明した。対象となる借地契約者には、受注者などが訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
番組関連映像含むHDDが盗難、電車内で置き引き被害 - 関テレ
番組映像素材を含むメディアを紛失、電車内で盗難か - 読売テレビ
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院