Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞

上毛新聞社は、同社が運営する愛読者向けサイト「ジョモだち」の会員情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、詳細は調査中だが、メールアドレスとパスワードのほか、氏名や住所、生年月日などの登録情報なども流出した可能性があるもの。

登録しているメールアドレスに迷惑メールが届いたと会員から連絡があり、調査したところ登録情報が流出した可能性があることがわかった。

同社では、同サイトへのログインと新規会員登録を一時停止した。パスワードなど同サイトのアカウント情報を他サイトで使用している場合は、変更するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
スキンケア用ソルトのオンラインショップに不正アクセス