Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに同社ブラウザの最新版となる「Chrome 86.0.4240.111」をリリースした。一部脆弱性は、積極的に悪用されているという。

今回のアップデートでは、5件の脆弱性を修正した。フォント描画ライブラリ「freetype」におけるヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-15999」をはじめ、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-16001」「CVE-2020-16002」など、重要度が「高(High)」とされる脆弱性4件を修正した。

なかでも「CVE-2020-15999」に関しては、「Chrome」を標的に同脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃が積極的に展開されており、Google Project Zeroが発見、報告したという。

そのほか、「中(Medium)」の脆弱性1件に対処。Googleでは、アップデートについて数日から数週間をかけて展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-15999
CVE-2020-16000
CVE-2020-16001
CVE-2020-16002
CVE-2020-16003

(Security NEXT - 2020/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開