Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに同社ブラウザの最新版となる「Chrome 86.0.4240.111」をリリースした。一部脆弱性は、積極的に悪用されているという。

今回のアップデートでは、5件の脆弱性を修正した。フォント描画ライブラリ「freetype」におけるヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2020-15999」をはじめ、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-16001」「CVE-2020-16002」など、重要度が「高(High)」とされる脆弱性4件を修正した。

なかでも「CVE-2020-15999」に関しては、「Chrome」を標的に同脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃が積極的に展開されており、Google Project Zeroが発見、報告したという。

そのほか、「中(Medium)」の脆弱性1件に対処。Googleでは、アップデートについて数日から数週間をかけて展開していく予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-15999
CVE-2020-16000
CVE-2020-16001
CVE-2020-16002
CVE-2020-16003

(Security NEXT - 2020/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も