Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未開封を保証する封印ラベルで新ブランド - トッパン・フォームズ

トッパン・フォームズは、配達物や商品の未開封を保証するセキュリティ封印ラベルの新ブランド「OpenMarker」を発表した。

封印ラベルは、開封すると痕跡が残り、商品や配達物などの開封状態を確認できる製品。新ブランドの展開にともない、開封痕跡がわかる機能に結束バンドのようなロック機能をプラスした新製品「OpenMarkerバンド」なども投入する。

同社では、配送物の非対面による受け取りなど、新しい生活様式の拡大によるニーズに対応した商品を展開。同社の通販サイトでも、貼ってはがすと特定の文字や絵柄が浮き出る「OpenMarkerテープ」と「OpenMarkerラベル」など汎用性が高い製品を展開する。

同社では、2021年度から3年間で累計12億円の売り上げを目指している。

(Security NEXT - 2020/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
セキュアなアプリの開発を支援するソリューション - オージス総研
オープンソースのリモートフォレンジックツール「Bitscout」が公開
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
NTTコム、「WideAngle」のインシデント対応メニューを拡充
シマンテック、体制整備も含めてインシデント対応を支援
「FFR yarai」と「ESET」の共存を動作保証
企業ロゴによるカスタマイズに対応したサイト認証シール