Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性

Zohoが提供するアプリケーションパフォーマンス管理ツール「ManageEngine Application Manager」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

同製品の「REST APIモジュール」に「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-15394」が含まれていることが明らかとなったもの。認証なしにリモートよりコードを実行されるおそれがある。

同社による共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「9.8」と評価されており、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は、7月1日にアップデートとなる「同14740」をリリースし、同脆弱性を修正。アップデートを実施するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性