Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ManageEngine Application Manager」に深刻なRCE脆弱性

Zohoが提供するアプリケーションパフォーマンス管理ツール「ManageEngine Application Manager」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

同製品の「REST APIモジュール」に「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-15394」が含まれていることが明らかとなったもの。認証なしにリモートよりコードを実行されるおそれがある。

同社による共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「9.8」と評価されており、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は、7月1日にアップデートとなる「同14740」をリリースし、同脆弱性を修正。アップデートを実施するよう利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消