Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄

北大阪急行電鉄のウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、一部ページに無関係な外部サイトへのリンクが設置されていたことがわかった。

8月31日18時半過ぎから9月16日18時半ごろにかけて、新型コロナウイルスに関する注意喚起ページが改ざんされた状態となり、無関係のオンラインカジノを宣伝する日本語のページにリンクされていたもの。9月16日18時ごろ、判明した。

同サイトの管理画面におけるログインページが外部よりアクセスできる状態で、同ページを通じて不正アクセスを受けた可能性があり、同社では詳しい原因を調べている。

同社では改ざん部分の削除と修正を行い、管理画面に対するアクセスを制限。今回の不正アクセスによる個人情報の流出などは確認されていないという。

期間中、同ページに対して114件のアクセスがあったが、半数以上が問題が判明した9月16日に集中しており、同社は関係者によるアクセスが相当数含まれているものと話している。

誘導先を確認した同社の端末においてマルウェアへ感染させる試行などは確認されなかったが、期間中に問題のページへアクセスし、外部サイトへ誘導された心当たりがある利用者に対し、マルウェアに感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
たらこ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害