Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ

miHoYoが、9月28日に「Windows」や「PlayStation 4」「iOS」「Android」向けに正式リリースしたゲームタイトル「原神」において、一部プラットフォームで端末を監視するプログラムが含まれていたことがわかった。問題を指摘された同社は同機能を削除した。

同ソフトウェアのWindows版においてゲームのプログラムを起動すると、バックグラウンドで別のプログラムが起動。ゲーム終了後やアンインストール後も持続的に動作し、端末を監視していることが明らかとなったもの。

同社は、問題のプログラムがチート対策として不正ツールを検出するため、システムの情報や起動されているプログラムの情報を読み取っていたとする自社調査の結果を発表。ゲーム終了後やアンインストール後も動作していたことについて、その間にプログラムが改ざんされることを防ぎ、公正なゲーム環境を維持することが目的だったと釈明した。

不正行為をどのように判断していたか不明だが、不正行為以外の情報については、処理、保存、アップロードなどは行っていなかったと説明している。

問題が指摘されたことを受けて同社は、同プログラムからゲームの終了後やアンインストール後も持続的に動作する仕様を削除。すでにプログラムをアンインストールしている場合は、パソコンの再起動後に同プログラムの削除が可能になるという。

(Security NEXT - 2020/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホゲーム「イケメン戦国」でデータ破損 - 一時全データが確認不能に
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
スマホゲーム「イケメン戦国」で障害 - 不正アクセス原因か
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
攻撃で制作停止していた新作TVアニメ作品を供給再開 - 東映アニメ
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
東映アニメにサイバー攻撃、一部作品が放映延期 - 連動商品などに未放送の内容も
「Switch」が大幅割引とだます任天堂の偽サイトに注意
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし