Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ

miHoYoが、9月28日に「Windows」や「PlayStation 4」「iOS」「Android」向けに正式リリースしたゲームタイトル「原神」において、一部プラットフォームで端末を監視するプログラムが含まれていたことがわかった。問題を指摘された同社は同機能を削除した。

同ソフトウェアのWindows版においてゲームのプログラムを起動すると、バックグラウンドで別のプログラムが起動。ゲーム終了後やアンインストール後も持続的に動作し、端末を監視していることが明らかとなったもの。

同社は、問題のプログラムがチート対策として不正ツールを検出するため、システムの情報や起動されているプログラムの情報を読み取っていたとする自社調査の結果を発表。ゲーム終了後やアンインストール後も動作していたことについて、その間にプログラムが改ざんされることを防ぎ、公正なゲーム環境を維持することが目的だったと釈明した。

不正行為をどのように判断していたか不明だが、不正行為以外の情報については、処理、保存、アップロードなどは行っていなかったと説明している。

問題が指摘されたことを受けて同社は、同プログラムからゲームの終了後やアンインストール後も持続的に動作する仕様を削除。すでにプログラムをアンインストールしている場合は、パソコンの再起動後に同プログラムの削除が可能になるという。

(Security NEXT - 2020/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生