Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市

神奈川県茅ヶ崎市は、保育所待機者の個人情報を、同市ウェブサイトに誤って掲載したことを明らかにした。

同市によれば、保育所の待機状況をサイトに掲載する際、本来ならば保育所名と待機人数が記載されたファイルを掲載するところ、誤って個人情報を含んだ状態で掲載してしまったという。

2019年度および2020年度の保育所待機者に関する個人情報435件で、児童の氏名や住所、クラス年齢、保育時間、入園要件などが含まれる。

担当者が9月2日に待機児童数をサイト上に掲載するためシステム上で申請したが、掲載すべきページのPDFではなく、個人情報を含む表計算ファイルを申請。同月3日、7日と2回の承認を経てそのまま公開された。

公開から約1時間後に問い合わせがあり、個人情報の誤掲載が判明。ファイルを削除した。同市では、対象者に対し、電話や書面を通じて謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開