Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪

ウェスティンホテル大阪は、オンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同ホテルを運営するテェルウィンコーポレーションによれば、「ウェスティンホテル大阪 オンラインショップ」が不正アクセスを受け、決済アプリケーションが改ざんされたもの。

2019年5月6日から2020年5月17日にかけて同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客最大1039人のクレジットカード情報が外部に流出した可能性がある。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど、クレジットカード以外の個人情報が保存されたサーバについては、不正アクセスを受けた痕跡はなく、取得された可能性はないという。

(Security NEXT - 2020/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性
不正アクセスでメアド流出、偽メール送信も - ゴルフ専門チャンネル
保育関係者向けサイトに不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出
「ビズアップ総研オンラインショップ」に不正アクセス - クレカ情報が流出