Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪

ウェスティンホテル大阪は、オンラインショップが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同ホテルを運営するテェルウィンコーポレーションによれば、「ウェスティンホテル大阪 オンラインショップ」が不正アクセスを受け、決済アプリケーションが改ざんされたもの。

2019年5月6日から2020年5月17日にかけて同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客最大1039人のクレジットカード情報が外部に流出した可能性がある。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。

氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど、クレジットカード以外の個人情報が保存されたサーバについては、不正アクセスを受けた痕跡はなく、取得された可能性はないという。

(Security NEXT - 2020/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト