Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険

日本ワイド少額短期保険は、保険証券閲覧システムに問題があり、契約者が関係ない他契約者の情報を閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同社によれば、保険証券閲覧システムで利用するクラウドプラットフォームが2016年6月に更新されたが、その際に検索機能が有効となり、以降は同じ代理店で申し込んだ関係ない別の契約者に関する情報を検索し、閲覧できる状態だった。8月3日に契約者から指摘があり問題が発覚した。

2016年6月11日以降、契約者810人が同システムへログインしており、検索機能を利用した場合、他契約者4万951人分の契約情報を閲覧できる状態だった。契約情報には、契約者および被保険者の氏名、性別、生年月日のほか、契約者の電話番号、契約内容などが含まれる。法人特約で契約している場合、被保険者情報は含まれない。

今回の問題を受けて同社では関係者に謝罪。同システムより検索機能を削除しており、現在は検索や閲覧ができない状態だという。

(Security NEXT - 2020/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
児童館閉館知らせるメールで誤送信 - 来館対応重なり複数確認できず
教師養成講座受講予定者のメールアドレスが流出 - 大阪市
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
新型コロナ対応融資を行う金融機関宛てのメールで誤送信 - 山口県