Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局

北海道の長万部郵便局において、郵便物の配達業務に関する個人情報が記載された書類の紛失が判明した。

日本郵便北海道支社によれば、6月29日に大岸郵便局から受け取った書類が所在不明となっているもの。紛失したのは郵便物の転送処理に使用する書類や、郵便物の局内授受を記録する書類など4種類の書類で、約240人分の氏名や住所などが含まれる。

7月21日、大岸郵便局が同局に対し、送付した書類について照会したところ、紛失していることが判明。同局において、同月3日に不要書類とともに誤って廃棄した可能性があるという。

問題の書類に記載された顧客すべてを特定することは困難としており、特定に至った顧客に対しては説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市