Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校

横浜市の市立小学校において、2015年度以前の卒業生台帳が所在不明になっていることがわかった。誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同市によれば、1987年度から2015年度までに同校を卒業した児童3043人分の台帳が所在不明となっているもの。台帳には卒業した児童の氏名や当時の住所、生年月日、保護者の氏名、卒業年月日、卒業証書番号などが記載されている。

7月2日、副校長が施錠管理している書庫を確認したところ、2016年度以降の卒業生台帳しか保管されていないことが判明。全教職員で捜索を行ったが発見できなかった。調査を行ったところ、2016年度の文書廃棄の際、廃棄予定の文書のなかに卒業生台帳と思われる表紙を見かけたという証言があったという。

同校では卒業証明書の発行に対応できるよう、学籍に関する記録などを用いて卒業生記録一覧を作成するとしている。

(Security NEXT - 2020/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
水道利用者の個人情報含む図面が所在不明 - 岡山市水道局
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子