Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校

横浜市の市立小学校において、2015年度以前の卒業生台帳が所在不明になっていることがわかった。誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同市によれば、1987年度から2015年度までに同校を卒業した児童3043人分の台帳が所在不明となっているもの。台帳には卒業した児童の氏名や当時の住所、生年月日、保護者の氏名、卒業年月日、卒業証書番号などが記載されている。

7月2日、副校長が施錠管理している書庫を確認したところ、2016年度以降の卒業生台帳しか保管されていないことが判明。全教職員で捜索を行ったが発見できなかった。調査を行ったところ、2016年度の文書廃棄の際、廃棄予定の文書のなかに卒業生台帳と思われる表紙を見かけたという証言があったという。

同校では卒業証明書の発行に対応できるよう、学籍に関する記録などを用いて卒業生記録一覧を作成するとしている。

(Security NEXT - 2020/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市