Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響

外部ファイル「grub.cfg」からコマンドを読み取るGRUB2を利用したLinuxディストリビューションはもちろん、「GRUB2」を使用していない場合でも、標準的なサードパーティの「Microsoft UEFI CA(Certificate Authority)」を信頼するよう構成されている「Windows」においても影響を受けると同社は指摘している。

また関連した脆弱性として「CVE-2020-14308」「CVE-2020-14309」「CVE-2020-14310」「CVE-2020-14311」「CVE-2020-15705」「CVE-2020-15706」「CVE-2020-15707」の7件についても明らかとなった。

同社は、同脆弱性の公表にあたり、「UEFI Security Response Team(USRT)」、OSや仮想化ソリューションのベンダーなどと事前に調整を実施したと説明。

Linuxディストリビューターよりアップデートの提供が順次開始されているほか、マイクロソフトもアドバイザリをリリースし、互換性や動作への影響がないことを確認した上でセキュアブートの再構成を実施するなど、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み