Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意

BTCボックスが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所「BTCBOX」を装ったフィッシング攻撃の報告を受けているとしてフィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

問題のフィッシング攻撃では、「BTCBOX緊急問題」といった件名でメールが送信されており、アカウントで異常ログインが行われたなどと不安を煽り、安全認証などと称してフィッシングサイトへ誘導していた。

メールでは、「他端末でアカウントが使用されようとしている」といった警告メッセージが届いた場合も、無視して作業を進めるよう求めていた。また8時から15時までに作業を行うよう求めており、攻撃者が待機している時間帯の可能性がある。

誘導先のフィッシングサイトでは、メールの記載が「メ-ル」となっているなど不自然な記述も一部見られた。

7月22日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidアプリセキュアコーディングガイドの新版公開 - JSSEC
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP