Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス

栃木県のプロバスケットボールチーム宇都宮ブレックスは、ファンクラブ会員向けの案内メールで送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同チームのファンクラブ事務局によれば、ファンクラブの会員に対して7月17日17時過ぎに入会や商品を案内するメールを送信した際、メールアドレスを誤って宛先に設定するミスがあったという。

200件、500件と2回にわたりメールを送信したところ、受信者間にメールアドレスが流出。これらのうち66件については、氏名と思われる情報が含まれていた。

同チームでは、対象となる会員にメールで謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大