Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス

栃木県のプロバスケットボールチーム宇都宮ブレックスは、ファンクラブ会員向けの案内メールで送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同チームのファンクラブ事務局によれば、ファンクラブの会員に対して7月17日17時過ぎに入会や商品を案内するメールを送信した際、メールアドレスを誤って宛先に設定するミスがあったという。

200件、500件と2回にわたりメールを送信したところ、受信者間にメールアドレスが流出。これらのうち66件については、氏名と思われる情報が含まれていた。

同チームでは、対象となる会員にメールで謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop