Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

服飾品に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

服飾品の通信販売サイト「hatsutoki ONLINE STORE」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する島田製織によれば、2018年12月25日から2020年1月22日にかけて、同サイトで購入時に利用された顧客のクレジットカード情報が流出し、一部クレジットカードが不正利用された可能性が判明したもの。

流出した可能性があるのは、顧客138人分のクレジットカード情報。名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。システムの脆弱性を突かれたことによる不正アクセスが原因だという。

クレジットカード会社から2月25日に情報流出の可能性について指摘があり、問題が発覚。翌26日よりクレジットカードの決済を停止し、外部事業者による調査を進め、4月14日に調査が完了していた。

(Security NEXT - 2020/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
鍼灸や医療など複数運営通販サイトで情報流出 - メイプル