Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ホテル運営会社

ホテルや結婚式場の運営などを手がける伊勢甚は、メールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数に対して迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、7月10日深夜に同社メールアカウント1件が不正アクセスを受け、不特定多数に対して迷惑メールが送信されたもの。

問題発覚後、同社や外部事業者で調査を行ったが、不正アクセスを行った攻撃者による情報の持ち出しや、顧客情報が流出した痕跡などは確認されていないとしている。

同社では、対象となるアカウントのパスワードを変更。メールの受信者に対して本文中のURLをクリックせずメールを削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
アカウント流出の可能性がある対象者の件数を訂正 - 弥生
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
従業員アカウントに不正アクセス、取引先情報流出のおそれ - オリコン
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告