Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認

マイクロソフトは、7月の月例セキュリティ更新を公開し、CVEベースで123件の脆弱性に対処した。悪用は確認されていないという。

今回のアップデートでは、「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Windows Defender」「ChakraCore」における脆弱性に対処。

さらに「Microsoft OneDrive」「Skype for Business」「.NET Framework」「Azure DevOps」「Visual Studio」やオープンソースソフトウェアの脆弱性を解消している。

修正された脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が18件、次いで深刻度が高い「重要」が105件だった。

影響は脆弱性によって異なるが、31件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがある。また「権限の昇格」「サービス拒否」「情報漏洩」「なりすまし」といった問題に対応した。

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開