Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認

マイクロソフトは、7月の月例セキュリティ更新を公開し、CVEベースで123件の脆弱性に対処した。悪用は確認されていないという。

今回のアップデートでは、「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Windows Defender」「ChakraCore」における脆弱性に対処。

さらに「Microsoft OneDrive」「Skype for Business」「.NET Framework」「Azure DevOps」「Visual Studio」やオープンソースソフトウェアの脆弱性を解消している。

修正された脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が18件、次いで深刻度が高い「重要」が105件だった。

影響は脆弱性によって異なるが、31件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがある。また「権限の昇格」「サービス拒否」「情報漏洩」「なりすまし」といった問題に対応した。

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開