Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認

マイクロソフトは、7月の月例セキュリティ更新を公開し、CVEベースで123件の脆弱性に対処した。悪用は確認されていないという。

今回のアップデートでは、「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Windows Defender」「ChakraCore」における脆弱性に対処。

さらに「Microsoft OneDrive」「Skype for Business」「.NET Framework」「Azure DevOps」「Visual Studio」やオープンソースソフトウェアの脆弱性を解消している。

修正された脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が18件、次いで深刻度が高い「重要」が105件だった。

影響は脆弱性によって異なるが、31件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがある。また「権限の昇格」「サービス拒否」「情報漏洩」「なりすまし」といった問題に対応した。

(Security NEXT - 2020/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性