Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加

宅配の不在通知に見せかけ、フィッシングサイトへ誘導する「スミッシング攻撃」の報告が増加しているとしてフィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

20200709_ap_001.jpg
偽サイトへ誘導するSMS(画像:フィ対協)

携帯電話へ不在通知に見せかけたショートメッセージ(SMS)を送りつけ、記載したURLから偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃の報告が増加しているとして注意を呼びかけたもの。

同協議会が確認したケースでは、「荷物を届けたが不在のため持ち帰った」などとしてURLを記載。誘導先は金融機関の偽サイトで、アカウント情報や暗証番号などをだまし取ろうとしていた。

Android端末で開くと、ブラウザ「Chrome」のアップデートに見せかけ、不正なアプリをインストールさせようとするケースもあったという。また一部攻撃では、誘導先のドメインにダイナミックDNSサービスが悪用されていた。

同協議会では、7月9日の時点でフィッシングサイトの稼働を確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング