Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市

横浜市は、都筑中央公園にある自然体験施設の指定管理者である都筑里山倶楽部において、同管理者が保有する全メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、6月19日にあたらしい端末へ移行するにあたり、同指定管理者で保有するメールアドレスを自宅で整理するため、メールで送信しようとしたところ、保有するすべてのメールアドレス、氏名、組織名など254件をメールの本文に記載。さらに誤ってすべての宛先へ送信してしまったという。

送信から15分後にメールを受信した市職員から連絡があり、問題が判明した。メールアドレスの外部持ち出しは禁止されていたという。

同指定管理者は同日、対象者にメールで謝罪。誤って送信したメールを削除するよう依頼した。

(Security NEXT - 2020/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市