Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市

横浜市は、都筑中央公園にある自然体験施設の指定管理者である都筑里山倶楽部において、同管理者が保有する全メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、6月19日にあたらしい端末へ移行するにあたり、同指定管理者で保有するメールアドレスを自宅で整理するため、メールで送信しようとしたところ、保有するすべてのメールアドレス、氏名、組織名など254件をメールの本文に記載。さらに誤ってすべての宛先へ送信してしまったという。

送信から15分後にメールを受信した市職員から連絡があり、問題が判明した。メールアドレスの外部持ち出しは禁止されていたという。

同指定管理者は同日、対象者にメールで謝罪。誤って送信したメールを削除するよう依頼した。

(Security NEXT - 2020/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
キャンペーン応募者宛のメールに無関係の顧客氏名 - 積水化学工業
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省