Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市

横浜市は、都筑中央公園にある自然体験施設の指定管理者である都筑里山倶楽部において、同管理者が保有する全メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、6月19日にあたらしい端末へ移行するにあたり、同指定管理者で保有するメールアドレスを自宅で整理するため、メールで送信しようとしたところ、保有するすべてのメールアドレス、氏名、組織名など254件をメールの本文に記載。さらに誤ってすべての宛先へ送信してしまったという。

送信から15分後にメールを受信した市職員から連絡があり、問題が判明した。メールアドレスの外部持ち出しは禁止されていたという。

同指定管理者は同日、対象者にメールで謝罪。誤って送信したメールを削除するよう依頼した。

(Security NEXT - 2020/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社