Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニー製ワイアレスヘッドホンに脆弱性 - 第三者がペアリングするおそれ

Bluetooth接続に対応したソニー製の一部ワイアレスヘッドフォンに脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、Bluetoothにおいて、電波の範囲内にいる第三者がペアリングし、操作が可能となる脆弱性「CVE-2020-5589」が判明したもの。音量変更などの操作が行われるおそれがあるという。

対象製品は、「WF-1000X」「WF-SP700N」「WH-1000XM2」「WH-1000XM3」「WH-CH700N」「WH-H900N」「WH-XB700」「WH-XB900N」「WI-1000X」「WI-C600N」「WI-SP600N」。

東京工業高等専門学校が情報処理推進機構へ脆弱性を報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。ソニーより脆弱性を修正したファームウェアが公開されており、アップデートを呼びかけられている。

(Security NEXT - 2020/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も