Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA

NTTマーケティングアクトは、愛媛県より受託しているコールセンター業務において、相談内容を記録したファイルを第三者へ誤って送信したことを明らかにした。

同社によれば、愛媛県から受託した新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口業務において、5月5日から7日にかけてコールセンターが受けた相談内容を記録したデータの一部188件を、同社の取引先である法人の職員9人に誤って送信したもの。

誤送信したデータには、相談日時や相談者の居住市町名、相談内容概略メモ、対応状況概略メモなどが含まれる。相談者個人が特定される情報は含まれないとしている。

同社の担当者が5月11日に相談記録データの一部をパソコンのデスクトップに保存して作業。作業終了後にデータの削除を忘れて残存し、翌12日に同担当者が取引先の法人へ業務日報をメール送信した際、テスクトップ上にあった相談記録のファイルを誤って添付した。

翌13日、誤送信先の法人から連絡があり判明。同社ではデータの削除を依頼し、削除完了の報告を受けた。委託元の愛媛県に対しては、14日に誤送信の発生について報告したという。

(Security NEXT - 2020/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ
住所移転の案内メールを誤って「CC」送信 - BOSCH関連会社
高校で誤送信、学校説明会申込者の一部メアドを宛先に - 大阪府
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス
イベント参加者への連絡メールで誤送信が発生 - 諏訪市
広報誌を誤送信で関係者のメアド流出 - 公取委
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県