Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク環境のセキュリティを診断するサービス - マクニカ

マクニカネットワークスと子会社のS&Jは、テレワーク環境のセキュリティ評価サービス「テレワーク環境セキュリティ評価サービス」を提供開始した。

従来よりS&Jが提供してきた評価サービスをテレワーク環境に特化したサービスとして展開するもの。

総務省の「テレワークセキュリティガイドライン第4版」の内容を踏まえ、テレワーク環境にあわせた脅威シナリオをもとに、おもに技術面より評価を実施。セキュリティ上の課題や改善すべき項目、対策案について報告する。

(Security NEXT - 2020/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
IoTセキュリティに特化した子会社「ゼロゼロワン」を設立 - ココン
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託