Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院

淀川キリスト教病院は、患者情報含む資料が盗難被害に遭ったことを明らかにした。

同院によれば、5月8日、職員が院外で盗難の被害に遭い、2016年度から2019年度にかけておもに呼吸器外科で行われた手術の一部症例に関する資料が盗まれたもの。資料には患者の氏名やID番号、術式などが記載されていた。

同院では、警察に被害届を提出。患者情報の外部流出や不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2020/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院