Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院

淀川キリスト教病院は、患者情報含む資料が盗難被害に遭ったことを明らかにした。

同院によれば、5月8日、職員が院外で盗難の被害に遭い、2016年度から2019年度にかけておもに呼吸器外科で行われた手術の一部症例に関する資料が盗まれたもの。資料には患者の氏名やID番号、術式などが記載されていた。

同院では、警察に被害届を提出。患者情報の外部流出や不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2020/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
紛失した市営住宅の入居者名簿を回収 - 大村市