Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 76」、脆弱性11件を修正 - PW管理機能強化も

Mozillaは、「Firefox 76」をリリースした。オーディオ面の機能強化により、ソフトの追加なしに「Zoom」によるビデオ会議へ参加できるようになったほか、パスワード管理機能「Lockwise」の強化や脆弱性の修正を実施している。

「Lockwise」において非表示となっているパスワードを表示させたり、コピーする際に、デバイスのパスワードを求めるよう変更したほか、パスワードの侵害や侵害されたパスワードの使い回しを警告する機能を搭載した。

さらに複雑なオーディオ処理が可能となる「オーディオワークレット」をサポート。ソフトを追加でインストールすることなく、ビデオ会議システム「Zoom」へ参加できるほか、あわせて11件の脆弱性を修正している。

解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-12387」や、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2020-12395」に対処。

くわえてWindows版のみ影響があり、サンドボックスが回避されるおそれがある「CVE-2020-12388」を解消した。いずれも重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正
Google、「Chrome 96」をリリース - 25件のセキュリティ修正を実施