Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「au」を装うフィッシング攻撃 - 複数バリエーション出回る

KDDIのポータルサービス「au ID」のアカウント情報や個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が複数確認されている。

「2つの不正なデバイスを検出したため、au IDをブロックした」「異常な場所からアクセスされている」などとメールでだまし、「ロックの解除にはau IDを確認する必要がある」「確認しないと永久にロックされる」などと不安を煽ってフィッシングサイトへ誘導、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されているもの。

フィッシングメールには少なくとも5種類の件名が用いられており、誘導先のウェブサイトも5種類が確認されている。

確認されたフィッシングサイトは、いずれもSSL/TLSを用いて通信が暗号化。誘導先では、電話番号やメールアドレス、ID、パスワードなどを窃取するほか、氏名や住所、クレジットカード情報、3Dセキュアの情報などをだまし取る。

4月22日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング