Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「au」を装うフィッシング攻撃 - 複数バリエーション出回る

KDDIのポータルサービス「au ID」のアカウント情報や個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が複数確認されている。

「2つの不正なデバイスを検出したため、au IDをブロックした」「異常な場所からアクセスされている」などとメールでだまし、「ロックの解除にはau IDを確認する必要がある」「確認しないと永久にロックされる」などと不安を煽ってフィッシングサイトへ誘導、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されているもの。

フィッシングメールには少なくとも5種類の件名が用いられており、誘導先のウェブサイトも5種類が確認されている。

確認されたフィッシングサイトは、いずれもSSL/TLSを用いて通信が暗号化。誘導先では、電話番号やメールアドレス、ID、パスワードなどを窃取するほか、氏名や住所、クレジットカード情報、3Dセキュアの情報などをだまし取る。

4月22日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
「mixi」をかたるフィッシング - 「アカウントの使用を制限」とだます
感染増加に便乗? 「偽コロナワクチンナビ」が再来
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも
「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま
「出前館」のフィッシング攻撃に注意 - 「自動退会処理」と不安煽る手口
「Suicaのオートチャージが無効」と不安煽るフィッシング