Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「au」を装うフィッシング攻撃 - 複数バリエーション出回る

KDDIのポータルサービス「au ID」のアカウント情報や個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が複数確認されている。

「2つの不正なデバイスを検出したため、au IDをブロックした」「異常な場所からアクセスされている」などとメールでだまし、「ロックの解除にはau IDを確認する必要がある」「確認しないと永久にロックされる」などと不安を煽ってフィッシングサイトへ誘導、個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が確認されているもの。

フィッシングメールには少なくとも5種類の件名が用いられており、誘導先のウェブサイトも5種類が確認されている。

確認されたフィッシングサイトは、いずれもSSL/TLSを用いて通信が暗号化。誘導先では、電話番号やメールアドレス、ID、パスワードなどを窃取するほか、氏名や住所、クレジットカード情報、3Dセキュアの情報などをだまし取る。

4月22日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中
オリコカード利用者狙ったフィッシング - 他カードの利用者も注意
「UCSカード」装うフィッシング - 取り引き確認とだます手口
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面