Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連書籍やメディア事業を展開する光言社は、同社のウェブサイトが不正アクセスを受け、会員の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、運営するウェブサイトが不正アクセスを受け、登録会員の個人情報が流出した可能性があるもの。ログを解析したところ、SQLインジェクション攻撃を受けたことが判明したという。

会員の氏名、住所、連絡先電話番号またはファックス番号、メールアドレスなどが流出した可能性があり、またファミリー会員については、関連組織である真の家庭運動推進協議会(APTF)の会員番号と会員名も含まれる。

同社では被害について警察へ相談。対策としてウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)を導入したほか、管理体制の強化を図り、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2020/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出