Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性

IDや認証など一元管理するセキュリティ製品「RSA Authentication Manager」に複数の深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「同8.4 Patch 10」および以前のバージョンに格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2020-5346」や、同製品で利用する複数のサードパーティ製ソフトウェアに5件の脆弱性が明らかとなったもの。特にサードパーティ製ソフトウェアの脆弱性による影響が大きい。

「Netty」に関する「CVE-2019-20444」「CVE-2019-20445」や、「Nimbus JOSE+JWT」に関する脆弱性「CVE-2019-17195」は、いずれも米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9」以上で、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

脆弱性の判明を受けてRSAでは、脆弱性の修正や機能を改善した「同8.4 P11」をリリースしており、利用者へ早急に適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正