Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性

IDや認証など一元管理するセキュリティ製品「RSA Authentication Manager」に複数の深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「同8.4 Patch 10」および以前のバージョンに格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2020-5346」や、同製品で利用する複数のサードパーティ製ソフトウェアに5件の脆弱性が明らかとなったもの。特にサードパーティ製ソフトウェアの脆弱性による影響が大きい。

「Netty」に関する「CVE-2019-20444」「CVE-2019-20445」や、「Nimbus JOSE+JWT」に関する脆弱性「CVE-2019-17195」は、いずれも米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9」以上で、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

脆弱性の判明を受けてRSAでは、脆弱性の修正や機能を改善した「同8.4 P11」をリリースしており、利用者へ早急に適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開