Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性

IDや認証など一元管理するセキュリティ製品「RSA Authentication Manager」に複数の深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「同8.4 Patch 10」および以前のバージョンに格納型クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2020-5346」や、同製品で利用する複数のサードパーティ製ソフトウェアに5件の脆弱性が明らかとなったもの。特にサードパーティ製ソフトウェアの脆弱性による影響が大きい。

「Netty」に関する「CVE-2019-20444」「CVE-2019-20445」や、「Nimbus JOSE+JWT」に関する脆弱性「CVE-2019-17195」は、いずれも米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9」以上で、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

脆弱性の判明を受けてRSAでは、脆弱性の修正や機能を改善した「同8.4 P11」をリリースしており、利用者へ早急に適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も