Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立感染症研に不正アクセス - 掲示板に書き込み

国立感染症研究所のウェブサーバが不正アクセスを受けたことがわかった。不正プログラムが設置され、インターネット掲示板への書き込みに悪用されたという。

同研究所によれば、2012年まで公式サイトで利用していたウェブサーバが不正アクセスを受けたもの。公式サイト移行後も旧コンテンツをサイト上で公開していた。

3月2日0時40分ごろ、プロキシサーバ経由でインターネット上の掲示板に1件の書き込みが行われたとして、掲示板の利用者から同研究所に連絡があり、問題が発覚した。

同サーバやプロキシサーバのアクセス状況を調べたところ、サーバ内のアプリケーションにおいて改ざんの形跡があり、本来は存在しないプログラムが起動されていたという。

同研究所では、サーバを停止し、アプリケーションを削除。侵入された原因や、脆弱性の状況について調査を進める。

また同法人内部の他サーバについて、不正アクセスを受けたサーバからのアクセスがなかったことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
コンタクト専門店のTwitterアカウントが乗っ取り被害
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
ライトオンに不正アクセス、会員の個人情報が流出
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで