Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立感染症研に不正アクセス - 掲示板に書き込み

国立感染症研究所のウェブサーバが不正アクセスを受けたことがわかった。不正プログラムが設置され、インターネット掲示板への書き込みに悪用されたという。

同研究所によれば、2012年まで公式サイトで利用していたウェブサーバが不正アクセスを受けたもの。公式サイト移行後も旧コンテンツをサイト上で公開していた。

3月2日0時40分ごろ、プロキシサーバ経由でインターネット上の掲示板に1件の書き込みが行われたとして、掲示板の利用者から同研究所に連絡があり、問題が発覚した。

同サーバやプロキシサーバのアクセス状況を調べたところ、サーバ内のアプリケーションにおいて改ざんの形跡があり、本来は存在しないプログラムが起動されていたという。

同研究所では、サーバを停止し、アプリケーションを削除。侵入された原因や、脆弱性の状況について調査を進める。

また同法人内部の他サーバについて、不正アクセスを受けたサーバからのアクセスがなかったことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2020/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバに不正アクセス、原因や影響など調査中 - 共英製鋼
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因や影響を調査 - 伯東
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会