Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス

フィリップス・ジャパンは、個人情報を含む文書が所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、個人情報含む郵便物が、1月中旬ごろより所在がわからなくなっているもの。同社在宅医療機器やその関連製品の利用者に関する氏名1671件が含まれていた。

同社は、取引先へ信書扱いである日本郵便のレターパックプラスで発送したとしており、ポストへの投函後、郵便局で受け付けが行われるまでの間になくなった可能性が高いと説明している。

同社では今後、個人情報を含む文書を郵送する際には、従業員が郵便局へ直接持ち込み、受け取りについても記録の残る方法で行うとしている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市