Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス

フィリップス・ジャパンは、個人情報を含む文書が所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、個人情報含む郵便物が、1月中旬ごろより所在がわからなくなっているもの。同社在宅医療機器やその関連製品の利用者に関する氏名1671件が含まれていた。

同社は、取引先へ信書扱いである日本郵便のレターパックプラスで発送したとしており、ポストへの投函後、郵便局で受け付けが行われるまでの間になくなった可能性が高いと説明している。

同社では今後、個人情報を含む文書を郵送する際には、従業員が郵便局へ直接持ち込み、受け取りについても記録の残る方法で行うとしている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
個人情報含む土地境界確認書を紛失 - 国交省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校