Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス

フィリップス・ジャパンは、個人情報を含む文書が所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、個人情報含む郵便物が、1月中旬ごろより所在がわからなくなっているもの。同社在宅医療機器やその関連製品の利用者に関する氏名1671件が含まれていた。

同社は、取引先へ信書扱いである日本郵便のレターパックプラスで発送したとしており、ポストへの投函後、郵便局で受け付けが行われるまでの間になくなった可能性が高いと説明している。

同社では今後、個人情報を含む文書を郵送する際には、従業員が郵便局へ直接持ち込み、受け取りについても記録の残る方法で行うとしている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
水道利用者の個人情報含む図面が所在不明 - 岡山市水道局
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設