Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス

フィリップス・ジャパンは、個人情報を含む文書が所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、個人情報含む郵便物が、1月中旬ごろより所在がわからなくなっているもの。同社在宅医療機器やその関連製品の利用者に関する氏名1671件が含まれていた。

同社は、取引先へ信書扱いである日本郵便のレターパックプラスで発送したとしており、ポストへの投函後、郵便局で受け付けが行われるまでの間になくなった可能性が高いと説明している。

同社では今後、個人情報を含む文書を郵送する際には、従業員が郵便局へ直接持ち込み、受け取りについても記録の残る方法で行うとしている。

(Security NEXT - 2020/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
区立保育園で園児の写真含むメディアを紛失 - 港区
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金