Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所

ポンプメーカーの川本製作所は、従業員のパソコンがマルウェアに感染し、同社になりすましたメールが送信されているとして、注意を呼びかけた。

同社によれば、1月28日に従業員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染していることが判明したもの。セキュリティ機器のアラートで被害に気づき、感染したパソコンをネットワークから遮断した。

調査を行ったところ、感染パソコンに保存された社内外のメールアドレスやメール本文が流出し、同社従業員を装ったメールが複数の関係者へ送信されていることが判明した。

同社では、メールアドレスが流出した可能性のある関係者に、なりすましメールに対する注意喚起を行うなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
SSOサーバ「ForgeRock AM」にRCE脆弱性、すでに被害も - 「OpenAM」も注意を
不正アクセス受けたNTTぷららの個人情報、流出の痕跡は見つからず