Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所

ポンプメーカーの川本製作所は、従業員のパソコンがマルウェアに感染し、同社になりすましたメールが送信されているとして、注意を呼びかけた。

同社によれば、1月28日に従業員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染していることが判明したもの。セキュリティ機器のアラートで被害に気づき、感染したパソコンをネットワークから遮断した。

調査を行ったところ、感染パソコンに保存された社内外のメールアドレスやメール本文が流出し、同社従業員を装ったメールが複数の関係者へ送信されていることが判明した。

同社では、メールアドレスが流出した可能性のある関係者に、なりすましメールに対する注意喚起を行うなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
求人掲載企業の管理ページに不正アクセス - 求人情報サイト
Ivanti脆弱性、PoC公開で攻撃増 - 痕跡消去の可能性も踏まえ調査を
「環境変数ファイル」など狙うマルウェア「Androxgh0st」
日立システムズ、セキュアブレインを吸収合併 - MSS事業拡大に注力