Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農林業センサスの関係書類を紛失 - 備前市

岡山県備前市は、個人情報が記載された統計調査の対象候補一覧表を、調査員が紛失したことを明らかにした。

同市によれば、「2020年農林業センサス」における調査対象候補の一覧表と調査区の地図を、非常勤の職員が紛失したもの。所在不明となっている一覧表には、調査候補27人分の氏名と住所、電話番号などが記載されていた。

調査員が1月22日15時半ごろ調査活動を終え、帰宅して調査書類の整理をしたところ、調査対象候補の一覧表と調査区の地図が見当たらないことに気が付いた。

同市の職員とともに自宅や担当地区を捜索したが見つからず、警察へ届けた。対象者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明