Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農林業センサスの関係書類を紛失 - 備前市

岡山県備前市は、個人情報が記載された統計調査の対象候補一覧表を、調査員が紛失したことを明らかにした。

同市によれば、「2020年農林業センサス」における調査対象候補の一覧表と調査区の地図を、非常勤の職員が紛失したもの。所在不明となっている一覧表には、調査候補27人分の氏名と住所、電話番号などが記載されていた。

調査員が1月22日15時半ごろ調査活動を終え、帰宅して調査書類の整理をしたところ、調査対象候補の一覧表と調査区の地図が見当たらないことに気が付いた。

同市の職員とともに自宅や担当地区を捜索したが見つからず、警察へ届けた。対象者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も