Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院

大阪労災病院の職員が、患者の個人情報含むノートパソコンをタクシーの車内に置き忘れ、紛失したことがわかった。

同院によれば、2019年11月30日、同院の職員が帰宅の際、ノートパソコンをタクシーの車内に置き忘れて紛失したもの。パソコンには、患者の個人情報を含むファイルが保存されていた。

同日中に警察へ届け出を行い、タクシー会社へ連絡したがパソコンは見つかっていない。同院では対象となる患者または家族に対し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
クリップボードに挟んだ契約書類が強風で飛ばされ紛失 - 新潟県
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都