Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客宛てメールでメアド流出、システムエラーで - ヘッドホンメーカー

骨伝導ヘッドフォンを販売するAfterShokzは、システムでエラーが発生し、購入者宛のメールでメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、12月11日16時半ごろ、公式サイトで福袋などを購入した顧客へメールを送信した際、送信先のメールアドレスが宛先に設定されたという。

顧客のメールアドレス679件が受信者間で確認できる状態となっており、受信者の指摘で問題へ気が付いた。同システムでは本来メールアドレスが宛先に設定されることはないとし、メールシステムにおけるエラーが原因だと説明している。

同社では、対象となる顧客に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県