Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数脆弱性に対処した「WordPress 5.3.1」がリリース

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、最新版となる「同5.3.1」をリリースした。旧版向けにもアップデートを用意している。

同アップデートでは、脆弱性への対処やセキュリティ機能の強化のほか、メンテナンスリリースとして46件の修正を実施した。

セキュリティに関する修正としては、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性2件へ対応。

権限を持たないユーザーが、「REST API」を介して先頭固定表示の投稿を行える脆弱性に対処したほか、文字列のサニタイズを行う関数「wp_kses_bad_protocol」の強化を実施している。

「同4.1」以降の各系統向けにアップデートを用意しており、ダッシュボードから更新できるほか、自動アップデートに対応している場合はすでに配信を開始しているという。

(Security NEXT - 2019/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正