Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社

食品や酒類の卸売業を展開する国分グループ本社は、同社をかたる「なりすましメール」が確認されているとして、注意を喚起した。

同社によれば、11月13日ごろより、送信者名に同社メールアドレスが表示されるよう設定し、同社から送信されたように見せかけた迷惑メールが出回っているという。

実際は別のメールアドレスより送信されており、こうしたメールのURLや添付ファイルを開くとマルウェアに感染するおそれがあると指摘。心当たりのないメールを受信した際に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン