Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社

食品や酒類の卸売業を展開する国分グループ本社は、同社をかたる「なりすましメール」が確認されているとして、注意を喚起した。

同社によれば、11月13日ごろより、送信者名に同社メールアドレスが表示されるよう設定し、同社から送信されたように見せかけた迷惑メールが出回っているという。

実際は別のメールアドレスより送信されており、こうしたメールのURLや添付ファイルを開くとマルウェアに感染するおそれがあると指摘。心当たりのないメールを受信した際に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
VPN経由で不正アクセス、職員情報が流出 - 海洋研究開発機構
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ