Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差

フィッシングメールを見分けることができると答えた日本のビジネスパーソンは51%だった。海外と比較すると3割強低い結果となった。

ウェブルートが8月2日から15日にかけて日本、米国、イギリス、オーストラリア各1000人のビジネスパーソンを対象にフィッシングに関する意識調査をインターネットを通じて実施、結果を取りまとめたもの。

これまで個人情報や金融関係のデータが、不正やハッキングで侵害された経験があるか聞いたところ、「ある」との回答は日本が19%で、他国の48%を大きく下回った。

フィッシングメールを見分けられると思うか尋ねたところ、海外では9割前後が「見分けられる」と回答。日本は51%と3割ほど低い結果となった。

手口が日々巧妙化している現状を踏まえると、本人の自信と実際に見分ける能力が必ずしも一致しているとは限らず、海外に比べて日本の方が慎重であるとも考えられる。

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
個情委、LINEとZHDに立ち入り検査 - 報告内容を現地確認
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も