Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除

ブラウザ「Chrome」の開発チームは、「Windows」や「macOS」「Linux」向けに最新版となる「Chrome 78」をリリースした。

今回リリースした「Chrome 78.0.3904.70」では、利用者の許可のもとローカル端末上にあるファイルの操作が可能となる「Native File System API」や、ワンタイムパスワードをより入力しやすくする「SMS Receiver API」といったAPIの追加をはじめ、機能強化を実施した。

セキュリティに関しては、37件の修正を実施した。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」は含まれていない。

次に高い「高(High)」とされる脆弱性は3件。解放後のメモリへアクセスするいわゆる「User After Free」の脆弱性「CVE-2019-13699」、バッファオーバーランの脆弱性「CVE-2019-13700」、URLのなりすましが可能となる「CVE-2019-13701」に対処した。

続く重要度が「中(Medium)」の脆弱性12件、さらに1段階低い「低(Low)」の脆弱性6件へ対処したことを明らかにしている。

また同バージョンでは、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」への対策として搭載していた「XSS Auditor」について、バイパスする手法がよく知られるようになったことから削除された。

(Security NEXT - 2019/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に