Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例

政府は、台風19号により被災者の本人確認が困難な場合にも携帯電話が契約できるよう、携帯電話契約時の本人確認方法について時限的な特例を設けた。

携帯電話を契約する際、携帯電話事業者などによる契約者の本人確認が義務づけられているが、台風被害で書類が用意できないことも想定されるとして「携帯電話不正利用防止法」の法律施行規則の一部を改正し、特例を設けたもの。

今回の特例によって2020年4月30日までに限り、被災者が契約時に本人確認が困難な場合は、申告により本人確認が可能。通常求められる本人確認は可能となり次第行うこととした。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
「ドコモ口座」被害は66件、約1821万円 - 全額補償の方針
「ドコモ口座」経由で金融機関口座から不正引出 - 約1000万円の被害
入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券