Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例

政府は、台風19号により被災者の本人確認が困難な場合にも携帯電話が契約できるよう、携帯電話契約時の本人確認方法について時限的な特例を設けた。

携帯電話を契約する際、携帯電話事業者などによる契約者の本人確認が義務づけられているが、台風被害で書類が用意できないことも想定されるとして「携帯電話不正利用防止法」の法律施行規則の一部を改正し、特例を設けたもの。

今回の特例によって2020年4月30日までに限り、被災者が契約時に本人確認が困難な場合は、申告により本人確認が可能。通常求められる本人確認は可能となり次第行うこととした。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニッセン関連会社装うフィッシング - 「本人確認が済んでいない」と不安煽る
クレジットカード「ゆめカード」の利用者を狙ったフィッシング
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会