Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に

UNIXやLinuxなどで利用されている「sudo」に権限設定がバイパスされるおそれがある脆弱性が明らかとなった。開発チームやセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

sudo権限をもつユーザーが、「ALL」キーワードによって任意のユーザーとしてコマンドを実行できるよう設定されている環境において、許可していない場合であってもroot権限でコマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-14287」が明らかとなったもの。

開発グループでは、脆弱性を修正した「同1.8.28」をリリースした。同脆弱性が明らかとなったことを受け、各ディストリビューションにおいてもアップデートの提供を開始。JPCERTコーディネーションセンターなども注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施