Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に

UNIXやLinuxなどで利用されている「sudo」に権限設定がバイパスされるおそれがある脆弱性が明らかとなった。開発チームやセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

sudo権限をもつユーザーが、「ALL」キーワードによって任意のユーザーとしてコマンドを実行できるよう設定されている環境において、許可していない場合であってもroot権限でコマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-14287」が明らかとなったもの。

開発グループでは、脆弱性を修正した「同1.8.28」をリリースした。同脆弱性が明らかとなったことを受け、各ディストリビューションにおいてもアップデートの提供を開始。JPCERTコーディネーションセンターなども注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性