Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県

愛知県は、愛知県陶磁美術館においてメールの送信ミスがあり、イベントに参加した親子の個人情報が流出したことを公表した。

同県によれば、9月30日11時ごろ、同美術館が主催するイベント「子供工芸講座―親子で茶器をつくってみよう!」の参加者15組に、作成した作品の引き取りを依頼するメールを送信した際、誤って参加者1組の個人情報を掲載してしまったという。

作品の引き取り依頼のメールを作成する際、参加者1人から送信されたメールの返信機能を利用して文書を作成。

送信元となった参加者1組の住所や携帯電話番号、メールアドレス、子どもの氏名、年齢、学年が記載されていたが、確認せずに一斉送信に利用してしまったという。

受信者からの指摘があり、ミスが判明。送信先にメールと電話で連絡し、メールの削除を依頼した。個人情報が流出した参加者には、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター