Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県

愛知県は、愛知県陶磁美術館においてメールの送信ミスがあり、イベントに参加した親子の個人情報が流出したことを公表した。

同県によれば、9月30日11時ごろ、同美術館が主催するイベント「子供工芸講座―親子で茶器をつくってみよう!」の参加者15組に、作成した作品の引き取りを依頼するメールを送信した際、誤って参加者1組の個人情報を掲載してしまったという。

作品の引き取り依頼のメールを作成する際、参加者1人から送信されたメールの返信機能を利用して文書を作成。

送信元となった参加者1組の住所や携帯電話番号、メールアドレス、子どもの氏名、年齢、学年が記載されていたが、確認せずに一斉送信に利用してしまったという。

受信者からの指摘があり、ミスが判明。送信先にメールと電話で連絡し、メールの削除を依頼した。個人情報が流出した参加者には、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委