Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県

愛知県は、愛知県陶磁美術館においてメールの送信ミスがあり、イベントに参加した親子の個人情報が流出したことを公表した。

同県によれば、9月30日11時ごろ、同美術館が主催するイベント「子供工芸講座―親子で茶器をつくってみよう!」の参加者15組に、作成した作品の引き取りを依頼するメールを送信した際、誤って参加者1組の個人情報を掲載してしまったという。

作品の引き取り依頼のメールを作成する際、参加者1人から送信されたメールの返信機能を利用して文書を作成。

送信元となった参加者1組の住所や携帯電話番号、メールアドレス、子どもの氏名、年齢、学年が記載されていたが、確認せずに一斉送信に利用してしまったという。

受信者からの指摘があり、ミスが判明。送信先にメールと電話で連絡し、メールの削除を依頼した。個人情報が流出した参加者には、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー