Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IOS XE」や「IOS」に複数の重要度「高」脆弱性

Cisco Systems製品向けオペレーティングシステム「IOS XE」や「IOS」に、複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。いずれも重要度は「高」。

影響を受ける製品や環境は脆弱性によって異なるが、通信やファイルの処理、脅威対策機能などにおいてサービス拒否の脆弱性が明らかとなったもの。コマンドインジェクションや署名検証がバイパスされる脆弱性なども含まれる。

サービス拒否の脆弱性は「CVE-2019-12653」「CVE-2019-12646」など7件が存在。いずれも最高値が「10」とされる共通脆弱性評価システムであるCVSSにおいて「8.6」とスコアリングされており、重要度が「高(High)」とレーティングされている。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2019-12650」「CVE-2019-12651」や、署名検証がバイパスされる脆弱性「CVE-2019-12649」は、ややスコアが低いとはいえ、重要度は同じく「高(High)」だった。

(Security NEXT - 2019/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
「Microsoft Edge」に脆弱性、アップデートがリリース
「Citrix Hypervisor」に5件の脆弱性 - ゲストVMよりホストが侵害されるおそれ
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
「WordPress 5.8.1」が公開に - 3件のセキュリティ修正
Zohoの「ManageEngine ADSelfService Plus」に脆弱性 - すでに悪用も