Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市

仙台市の中学校において、被害生徒をはじめ、いじめ関係者の情報が裏面に印刷されたプリントが誤って配布されていたことがわかった。

同市によれば、9月6日に漢字テストの模範解答用紙として2学年3クラスへ配布された一部プリントの裏面に、いじめに関する個人情報が印刷されていたもの。同月13日にプリントを受け取った生徒の保護者から連絡があり、問題が発覚した。

同校がプリントを回収して確認したところ、裏面には同校で前年度に1学年おいて発生したいじめ事案6件に関する情報を含む「平成30年度いじめ事案集計表」が印刷されていた。

被害生徒の氏名や性別、欠席日数のほか、関係する生徒の氏名や性別、いじめの内容、指導経過、対応結果などが含まれていた。

(Security NEXT - 2019/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
中学教諭が答案用紙を電車内に置き忘れて紛失 - 仙台市
相談依頼メールを個人スマホから誤送信 - 糸満市教委
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
案内メール誤送信でメアド流出 - 広島学院
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
オープンキャンパスの案内メールで送信ミス - 岡山科技専
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校