Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市

仙台市の中学校において、被害生徒をはじめ、いじめ関係者の情報が裏面に印刷されたプリントが誤って配布されていたことがわかった。

同市によれば、9月6日に漢字テストの模範解答用紙として2学年3クラスへ配布された一部プリントの裏面に、いじめに関する個人情報が印刷されていたもの。同月13日にプリントを受け取った生徒の保護者から連絡があり、問題が発覚した。

同校がプリントを回収して確認したところ、裏面には同校で前年度に1学年おいて発生したいじめ事案6件に関する情報を含む「平成30年度いじめ事案集計表」が印刷されていた。

被害生徒の氏名や性別、欠席日数のほか、関係する生徒の氏名や性別、いじめの内容、指導経過、対応結果などが含まれていた。

(Security NEXT - 2019/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
学校見学会中止の通知メールを誤送信 - 都立高校
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット
学費振替情報を無関係79校に誤送信 - かながわ信金
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大