Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市

仙台市の中学校において、被害生徒をはじめ、いじめ関係者の情報が裏面に印刷されたプリントが誤って配布されていたことがわかった。

同市によれば、9月6日に漢字テストの模範解答用紙として2学年3クラスへ配布された一部プリントの裏面に、いじめに関する個人情報が印刷されていたもの。同月13日にプリントを受け取った生徒の保護者から連絡があり、問題が発覚した。

同校がプリントを回収して確認したところ、裏面には同校で前年度に1学年おいて発生したいじめ事案6件に関する情報を含む「平成30年度いじめ事案集計表」が印刷されていた。

被害生徒の氏名や性別、欠席日数のほか、関係する生徒の氏名や性別、いじめの内容、指導経過、対応結果などが含まれていた。

(Security NEXT - 2019/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
特別支援学校で児童の画像含むメディアがカメラごと所在不明に - 埼玉県
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県